腱引きとは

筋整流法「腱引き療法」とは

筋整流法は、古来より伝承された腱引きの技を理論的に解明し、筋肉、腱(筋)を調整することにより、快適な体調とする施術(技)です。
快適な体調とは、痛みや不快感を伴わない爽快な状態を言います。

 この施術方法は柔術の伝承と深く関わっていたと言われてい ます。、鍛錬中の当て身、関節技などで痛めた筋肉や腱(筋)を復帰 するために考案とされています。

腱を正しい位置にもどすのが腱引き
腱や筋肉は運動、習慣、外から受けた衝撃で、収まっていた位置から外れたりねじれたりします。
定位置にない筋肉は、普段より遠回りして骨を引っ張るので関節にも負担がかかります。そのため全身の骨格も歪み、故障をもたらす原因となります。
腱を正しい位置にもどす腱引きは、他の療法に比べ、理にかなった方法と考えられます。

からだは腱(筋肉)でつながっている
頭の先からつま先まで、大小さまざまな骨が組み合わさって、人間の骨格はできあがっています。
しかし、骨だけではからだを形づくることはできません。
骨をからだの形にしているのは筋肉で、筋肉と骨の間は腱でつながっています。
人間には600以上もの筋肉があり、筋肉と腱があることで、骨がからだの形になっています。