ぎっくり腰を自分で治す

 医者の無養生を地で行くようにぎっくり腰になってしまいました。お客さんに知られないように施術をしていましたが、自分で治すことを決意。頭の中で位置を変えて、腱の引く方向を考えたり……。

 

 ぎっくり腰は腰の疲労が原因と腱引きでは考えます。疲労物質がたまり、腱があるべき溝から外れて激痛を発するのです。そこで腰の腱を引いて活性化させ、あるべき位置に戻すのが腱引きの神髄です。

 

 ちょっと無理な体勢で腱を引くと、これが気持ちいい。そこで元の位置に戻すことを一番にして引くと、あらら、す~~と痛みが引く。でも、何となく不安です。「これが痛みの記憶が残って運動を制御するということかあ」と納得して、いつもお客さんに指導している運動を行い、さらに痛みを軽減させました。

 

 いわばセルフ腱引き。なんとなく腰のあたりがポカポカしてくるのも実感できたし、痛みの記憶も理解できました。セルフ腱引きってのもありそうですね、特に肩こりなんかいいかも。